鼠径部が痛む男性②

鼠径部(そけいぶ)が痛む男性が続いたので、書く事にしました。

知立市在住の40代後半の男性。

シーズンぎりぎりまで毎週のようにスキーに行かれるため、身体のあちこちが痛い方なのですが、最近は左の内ももの上の方も痛いと言われます。

内転筋の操体をあれこれしても劇的な変化がなく…左のそけい部近辺(コマネチの辺)にも圧痛がありましたので、スキーで大腰筋に負荷がかかったのもあると思います。

もしや・・・と思って、足首のくるぶしの下の辺を押してみるとすごく痛がられました。内臓調整を行いましたところ、開脚時の内ももの痛みが軽減されました。

前述のコマネチが痛む男性に同じく、この方も内臓や生殖器系に何らかのトラブルがあるかもしれません。

内ももは、泌尿器系や生殖器系のトラブルが現れやすい場所なのです。

女性のように稀に卵巣から髪の毛や爪が出てくるということはないでしょうけど(※昔のブログに書いた実話です⇒『卵巣から毛が!?』http://seitaiyukuri.blog78.fc2.com/blog-entry-51.html

くるぶしの下のところに、精巣・前立腺の反射区(ツボみたいなところ)があるので、ご自分でもマメにマッサージするようにお伝えしました。

「そうそう、最近ちょっと元気がないんですよね…」

それならなおさら、くるぶしの下をマッサージしましょうね!

あとは、年齢的にも腎の気が不足してくるので、「補腎」が必要!
(腎の気が不足すると、老化が早まったり精力減退にもつながります)

現代人は腎が不足している人が多いそうです。補腎は男性不妊の改善にも大切なのですよ^^

鼠径部が痛む男性の整体

基本的に女性専用の整体を行っておりますが、
ご夫婦、カップルの場合、男性の施術も行っております。

※写真はイメージです

安城市在住の30代半ばのご夫婦、奥様が妊活整体を受けられているので、ご主人も一緒に整体を受けてみえます。

このご主人は、そけい部、いわゆる「コマネチ」の部分が痛いとおっしゃいます。(最近はコマネチが若い人に通じなくなってきたかも?^^;)

最初はこの「コマネチ」の右の部分が腫れて痛いとおっしゃってました。

「鼠径ヘルニアの可能性もあるので、お医者さんにも診てもらってくださいね~」と言いつつ、筋肉や内臓のチェックもしました。

あれこれ施術しているうちに腫れも痛みも引いてきて、結局その後お医者さんに行かれなかったみたい。

その二週間後、
「また、ここ腫れてきたんですよ~」
また一ヶ月後にも
「また右のここが・・・」
⇒2回とも施術で再びおさまりました。

(…でもご主人…念の為にお医者さんにも行きましょうね…^^;)

仕事で疲れると腫れてくるようだとご主人。長時間の運転をされるので、座りっぱなしで鼠径部も圧迫されがちでしょうね。それにこの方、軽い便秘もあるのです。

なので、お腹の整体も毎回させていただいてます。

骨盤内には、大腸、小腸、膀胱の他に女性は子宮・卵巣もあり、男性は前立腺や精のうもあります。

女性の骨盤内

それらの臓器が重なり合って骨盤に収まっているので、便秘で大腸に体積を取られて卵巣や前立腺が圧迫されることがあります。

このご主人の場合、便秘改善の施術をすることで右の鼠径部の痛みが改善されています。右下腹部には腸の回盲部や虫垂もあり、腸の曲がり角なので、便がたまりやすい場所です。

整体は定期的に受けられていますが、施術効果を長持ちさせるために、青竹踏みも頑張ってくださいね~^^