足を四の字にして眠る人は

同じパターンの人が続いたので
他にも心当たりがある方がいると思いますので・・・

股関節の可動域を見ていると、
右足だけ外に開きたがる傾向の方がいます。

原因としては、

  • よく足を組んで座るか?
  • 横座りをよくするか?
  • 片足に重心を乗せてよく立っていないか?
  • 車の運転をよくするか?

…のあたりをよく聞くのですが、
どれも心当たりがないという方…、

「でも足が右足だけくの字に開きたがっていますよ~」
とお伝えすると、
「あっ!よくその格好で寝ています!!」

右足だけくの字に曲げて寝ている方、聞いてみると結構いらっしゃいます。
↓  ↓  ↓  ↓

なんか、こうしないと落ち着いて寝られないんですって。

結局、椅子に座っている時に足を組まないように気をつけていても、寝ている時に同じことをしているのですね^^;

足を組みたくなる、足をくの字に外に開いて眠るのが落ち着くというのは、結局、骨盤がゆがんでいるということなんですね。

で、上記の姿勢を続けることで更に歪む。
骨盤周りの筋肉のバランスが崩れ、

「腰が痛い」
「おしりの片方だけ痛い」
ということになります。

さらには土台の骨盤がゆがむことで背骨や首も歪んでしまいます。
むくみの原因にもなりますしね^^;

作家の中谷彰宏さんも足を組む姿勢について
書いていましたよ^^

「足を組みたくなるのは、体が傾いているからです」
品があって、セクシー。

心当たりのある方、骨盤を整えましょうね♪